読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

過去20年分の「今年の漢字」&朝日「&M」に登場

先ほど「今年の漢字」が「安」だと発表されましたが、なんで「安」なんでしょうかね(笑)まあ、でも過去をざっとみると「なんでこれ?」という「今年の漢字」は少なくない。『目でみる漢字』で「今年の漢字を振り返る」というコラムを書いたので、そこから…

9/18に日本文藝家協会のトークサロンに登壇します

慌ただしい8月が終わって、今日から9月。さて、告知が遅れておりましたが、今月の18日に日本文藝家協会さんのお招きで、同協会のトークサロンでお話をさせていただきます。今年の1月末にも同じ場所で『目でみることば』の話をしたのですが今回のテーマは…

『目でみる漢字』のPOP6点

『目でみる漢字』のPOPができました。しかも6つも。順に紹介します。 まずは「狆」編。 続いて「夏」編。 3つ目はカバーにもなっている「蟹」編。 4つ目は「虫」編。「虫」という字はヘビの形から生まれたのです。 5つ目は「虎」編。 最後が「山」編です…

分「解」しやすいのが「蟹」

8月28日発売の『目でみる漢字』。Amazonでも予約が始まりました。 目でみる漢字 作者: おかべたかし,山出高士 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 2015/08/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ご覧のようにカバーは蟹です。 …

「ひょっとこ祭り」に行ってきました

ことの発端は「夏」という漢字が「お面をつけて踊る人」の象形文字であると知ったことに始まります。「えー!」ですよね。『目でみる漢字』という企画を思い立ったときから、これは絶対に撮ってみたい。そう思って「お面をつけて踊る人」をどう撮ろうかと探…

「木」な木を見てきました

撮影快調な『目でみる漢字』(8月下旬発売予定)ですが、今日は「木」な木を撮りに行きました。 探し求めていた「木」にようやく会えました。 光とアングルでいろんな表情。 今日は雲の表情もよかった。 この「木」は、立川市にある国立昭和記念公園のもの…

「山」な山を見てきました

先月、『似ている英語』が出たばかりですが、次作の「漢字」がもうすでに佳境も佳境でもう大変! でもいい感じに仕上がりつつあるので、少しばかり経過報告を。 先月は、「山」な山の撮影に行ってきました。つまり、山というのは三つ連なる土地の盛り上がり…