おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

祇園祭

祇園祭を見に京都に戻って来ました。

f:id:okataco:20120714181353j:plain

祇園祭では、四条界隈に出ている鉾と山をそぞろ歩き見るわけです。大きな車輪が付いていて動くのが鉾。動かないのが山。大雑把にいえばそういうことでしょうか。*これは、大雑把過ぎというか違っていました。屋根の上やご神体の後ろに松が立てられているものが山、屋根の上などに鉾が立てられているものが鉾だそうです。

f:id:okataco:20120714180210j:plain

近隣のお宅がこういうお宝を出しているので、見学していきます。

f:id:okataco:20120714181820j:plain

鉾や山に登ることもできます。必要なお金や規則は各所で異なりますが、今回登った船鉾は一人七百円。

f:id:okataco:20120714184447j:plain

提灯が灯る頃が奇麗ですね。

f:id:okataco:20120714184713j:plain

子供たちも手伝いをしています。

f:id:okataco:20120714184801j:plain

船鉾の内部。天井にはこんな彩図。

f:id:okataco:20120714191215j:plain

この祭りの魅力は、なんですかね。ひとつは普段の町並みの非日常感かな。

f:id:okataco:20120714191705j:plain

四条通りの賑わい。こういった祭りの賑わいが1ヶ月の間、ゆるゆると続くのが祇園祭り。普段の京都を知っているほうが、楽しめるんじゃないかな。逆にいえば、これだけをパッと見に来ても、楽しめない人も多いかもしれません。僕も子供の頃は何が楽しいんだろと思ったものです(笑)。

f:id:okataco:20120714192118j:plain

息子も、この老舗のお店で食べたかき氷を一番喜んでた。祇園祭りでは、屋台よりも、普段そこで営業しているお店で食べることをおすすめします。「今年もやってるか分かんないけど、去年美味しかった宵山フード」なんて記事がありましたが、こういう観点で歩くと楽しめる人も多いんじゃないかな。