おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

エレファントファクトリーコーヒー

東京の三軒茶屋に「ムーンファクトリーコーヒー」という店があります。いつの頃からか行くようになっていた大好きなカフェなのですが、店内にあるマッチに「KYOTO」と書いてある。聞くと京都にこの店の元となったところがあるというので、訪れてみました。

f:id:okataco:20120807135534j:plain

京都の木屋町。三条と四条の間にある「餃子の王将」の近くにこんな社がある。

f:id:okataco:20120807135545j:plain

その社を背にするとこんな路地。

f:id:okataco:20120807135620j:plain

路地を進むとあった。「エレファントファクトリーコーヒー」。三茶が「月工場」ならここは「像工場」なのです。

f:id:okataco:20120807135608j:plain

月工場と同じ看板もあったあった。さて店内へ。

f:id:okataco:20120807140110j:plain

店内には、さりげなく月マーク。

f:id:okataco:20120807140101j:plain

メニューは「ムーンファクトリー」と同じ。かな? 価格が京都のほうが少し安いかな?

f:id:okataco:20120807140907j:plain

カフェオレ。月のマークが像のマークに変わっているけどやっぱり美味しいね。

f:id:okataco:20120807140925j:plain

店内は、もちろんレイアウトが違うのでまったく同じではないけれど、その空気感はそっくり。チェーン店のそっくりさではないけれど、上手に三茶の店に写し取られている。とても不思議な感じ。

f:id:okataco:20120807144203j:plain

三茶の「ムーンファクトリーコーヒー」と木屋町の「エレファントファクトリーコーヒー」。とても物語性を感じさせる空間。京都と東京を行き来する人は、ぜひ両店に足を運んでみてください。空間を越えて同じ空気が紡がれていることに、僕はなんだかとても気分が高揚したのでした。