読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

『古今東西ニッポン見聞録』

図書館で借りたこの本が素晴らしかったので、今度買おうとメモ。

古今東西ニッポン見聞録

古今東西ニッポン見聞録

 

シーボルトオールコック、ベルツやモースといった日本を見て、日本のことを綴った外国人の著書の概要を、たいへんわかりやすく噛み砕いた一冊。こういうのは、借りて読むというより、手元において、何かの折に参照したいので買いたいんだな。

最近、図書館を利用する機会が増えているんだけど、それは全国的なことなんだとか。本にお金をかけたくないって理由の人もいるだろうけど、前より便利で快適だからって人も少なくないという。僕なんかもそうで、我が世田谷区だと、区内であればどの図書館に返してもいいし、どの図書館の本もすぐに手配できて、最寄りの図書館に届けてくれる。図書館便利。

あと、今回みたいに借りた本がすばらしい時に、すぐに買える仕組みとかできないのかな。本の書き手と図書館が対立することが、しばしばあるけれど、もっと共存共栄の道が見つかればなと思う。これ課題だな。考えよう。