読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

9月11日に京都丸善本店でトーク&サイン会

9月11日の日曜日、京都にある丸善本店で午後2時からトーク&サイン会をさせてもらうことになりましたので、お知らせです。詳細、以下になります。

事前予約(整理券入手)が必要なようですので、よろしくお願いします。

トークでは、本の制作裏話と、新たなる東西新ネタ、『目でみることば』シリーズの新作情報の紹介と、ちょっとしたプレゼント企画なども考えております。みなさんとワイワイやりながらの楽しい会にしたいと思いますので、楽しみにしていてください^^

会場となる丸善本店さんの情報はこちら。

ゆっくり本を選ぶ楽しみのある素敵な本屋さん。

梶井基次郎の小説『檸檬』の舞台となった丸善 京都支店は、1907(明治40)年に開設された京都・三条通麩屋町の店舗でした。その後、河原町通蛸薬師へ移転し長らく営業を続けて参りましたが2005年に閉店。閉店時には、閉店を惜しむお客様が本の上に檸檬を置く様子も話題となりました。 その丸善が、「丸善 京都本店」として河原町に戻って参りました。 豊富な和書の品揃えに加え、カフェ・洋書・文具にも力を入れ、幅広い顧客にご利用いただける書店です。

カフェも素敵で、檸檬をモチーフにしたデザートもありますよ。