読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

『百年の誤読』(2017読書4)

1900年から2000年までの100年間のベストセラーをご両人が読み、思う存分、言い合うという本書。対談で読みやすいうえ、勉強にもなるしで実に楽しかったです。

百年の誤読 (ちくま文庫)

百年の誤読 (ちくま文庫)

 

 近代の「なんでこれがベストセラー?」というツッコミも妙味ありますが、1900年代前半のベストセラーの時代背景とか興味深い。《古典の換骨奪胎のお手本、『羅生門』》といった見出し力も一流。手軽にパラパラとも読めるので「トイレ本」としても重宝しました。以下、本書で知った読んでみたい作品をメモがわりに記録。

赤頭巾ちゃん気をつけて (中公文庫)

赤頭巾ちゃん気をつけて (中公文庫)

 
日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)

日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)

 
新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

 
細雪 (中公文庫)

細雪 (中公文庫)

 
冥途―内田百けん集成〈3〉   ちくま文庫

冥途―内田百けん集成〈3〉 ちくま文庫

 

ちなみにこの本、amazonでは文庫しか出てきませんでしたが、2004年初版の単行本の装丁が実にいい。これ「百年の孤独」(という焼酎があるのですが)のパロディですよね?きっとね? 装丁、南伸坊さんかー。「なんかシンプルだけどいいな!」という装丁に出会うと、個人的に南伸坊さんの確率高いのです。僕。