おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

FC東京に3つの提言

2017年のFC東京も昨日のガンバ大阪戦で終了。

f:id:okataco:20171202162335j:plain

試合後は、引退する石川直宏のセレモニーと、長崎に移籍する徳永悠平の挨拶もありました。僕は2005年からSOCIOなんですが、これで僕が東京を応援するようになったときからいる選手は梶山だけかな。寂しいけれど、新たな選手の活躍に期待します。

さて、それにしても今シーズンの東京は不甲斐なかった。SOCIO人生でもっとも熱が入らなかったシーズンといっても過言じゃないでしょう。それは単に弱かったからということではなく、フロントに疑問を感じているから熱が冷めてきたと感じています。そこでチームを愛するがゆえに、苦言を書いておきます。

僕なりのFC東京への3つの提言です。

<1 試合後の監督コメントをオフィシャルサイトで誰でも見られるようにしよう>

現状、試合後の監督・選手コメントを有料サイトで発信しているけれど、これはやめたほうがいいですよ。誰でも見られるようにすべきだし、ぜひ見てくださいという姿勢を出さなければ。多くの東京サポが、今、FC東京に対して不信感を抱いているのは「発信力のなさ」なのです。監督を交代するにしても、選手を獲得にするにしても「こういう理由なのです」という説明が必要。それがうまくいかないこともあるけれど「意図がわからないもの」を妄信的にサポートする気にはなれない。試合後、負けたときにも監督や選手の気持ちや意図が見えれば、サポーターは納得するし、もっと応援しようと思う。これこそ大切なことだし、監督のコメントなんかにサポーターから月額数百円とろうとする了見の狭さが、サポーターとして悲しいです。監督、選手コメントは、オフィシャルサイトで無料掲載してください。

 

<2 イベントをしっかりと考えよう>

川崎フロンターレがリーグで優勝しました。チームの力の差がこれだけ開いた理由のひとつには「来場者を楽しませよう」というフロントの意識差があると思います。川崎のイベントは、チラシなんかをちょっと見るだけでも実に楽しそう。

koyamachuya.comこんな「宇宙兄弟」とのコラボなど、サッカー知らない人でも行きたいなと思わせるものがある。対してFC東京って、何も考えていないに等しいですよ。「ローソンDAY」とか「ジークDAY」とかスポンサーの名前を冠にして「DAY」をつけるだけ。これでいいと思っているんですかね。「おっ!今日はジークDAYか!」と思ってスタジアムに来る人がいると思っているんですかね。もちろんスポンサーはありがたいですが、企画の出発点がそこにあるだけで、そこから考えるのが仕事というものでしょう。「ローソンプレゼンツ★★」とか「ジークプレゼント★★」などとちゃんと企画を考えよう。見て来たいと思わせるものを考えましょう。

 

<3 しっかりと新しい血を入れよう>

なんかずっと身近なところで仕事をしているなーという印象があります。それはファンクラブ通信の編集とか、グッズのデザインとか、サイトの作り込み方とか、ずっと同じ、新味なし。それがデザイン的にもアイデア的にも優れたものであればいいですけど、正直、一級とは言い難い。世の中にはもっと新しい才能があるんですよ。そういったところに目を配り、そういった人に声をかけて新しいものを作らないと魅力が全然ない。これはチーム作りにもいえるんじゃないですか。親しい人とは密なコミュニケーションは取れるけれど、チームは生まれ変わらないですよ。新しい血を入れようとすることこそ魅力あるチーム作りに欠かせないのでは。ぜひ新しい血を入れようと積極的になってください。そのために減点主義の評価軸をやめて、元気ある組織を作ってください。

魅力あるFC東京の復活、期待しています!