おかべたかしの編集記

執筆・編集の記録とお知らせと。

京都を歩くのが楽しくなる本

コロナウイルス騒動で、落ち着かない日々ですね。

騒動を受けて、京都の観光地も近年にないほど空いているとか。

いつも混んでいる京都で辟易していた人も多いと思うので、これは逆にゆったりと京都を散策できるチャンスかもしれませんね。

『くらべる京都』でも書きましたが、京都は町を歩いて楽しいところです。京都は、明治以降に近代化を進めたことと、空襲の被害も少なかったことから、洋館や協会もたくさん残っています。寺社仏閣と洋館、そして鴨川。そして古くからある喫茶店と新しいカフェ、洋食屋。独自の進化をしている中華に、居酒屋、おばんざいのお店。ここにしかないものがたくさんあります。ぜひこれから春の陽気のなか京都を歩いて欲しい――。というわけで『くらべる京都』でも紹介した「町を歩きたくなる京都の本」をご紹介します。

 

 僕が好きな京都の本は、町を歩くのが楽しくなるものです。また京都の町を歩きたいな――。僕がそう感じた本をご紹介します。

 まず『京都カフェ散歩』(川口葉子・著/祥伝社黄金文庫)。副題に「喫茶都市をめぐる」とあるのですが、そう、京都は喫茶店が多い町。それも歴史ある名店と新しい店が混在しているところが魅力です。京都を歩くとき、この本をカバンに忍ばせておき、何か目的を終えたときパラパラめくって近くのカフェを探す――。これが楽しい。僕にとって、偶然のように素敵なカフェに導いてくれる本です。

『ひとり飲む、京都』(太田和彦・著/新潮文庫)は、著者である太田和彦さんが、夏と冬の1週間ずつ京都に滞在して町の酒場を巡った記録です。その間、寺社などの観光はいっさいせず、お酒を飲むだけですよ。もったいない! そんな声も聞こえてきそうですが、これが贅沢なのです。京都は、酒の酔いに身を任せて、ゆらゆら歩くだけでも楽しいんですよ。『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦・著/角川文庫)でも、京の町を歩く酔っ払いの描写が楽しいものなぁ。

 今回の本を作るうえで、とても参考になった一冊が『京都まちかど遺産めぐり』(千田稔 他・編著/ナカニシヤ出版)。タイトルからもわかるように、京都の町に何気なくある不思議なものにスポットを当て、それを遺産と称し紹介した本。本書でも触れた「ラジオ塔」だけでなく、その昔、夏まで氷を貯蔵していた「氷室跡」や「朱雀大路の痕跡」など、一般の本ではあまり扱っていない「京都の遺産」をわかりやすく解説してくれます。京都の町散策を、なんだか宝探しに変えてくれるような一冊です。

『戦争のなかの京都』(中西宏次・著/岩波ジュニア新書)も、京都の町を歩く時の視点を変えてくれる本です。昔から「京都には戦争被害がなかったと」いわれますが、実際には空襲もあり死者も出ています。この本を読むと、京都の町にもいろんな戦争の跡がある――。そんなことに気づかせてくれます。

 最後に紹介したいのが『マンガぼくらの京都』(淡交社)。京都の出版社・淡交社が主催した「ぼくらの京都 マンガコンテスト」に投稿された作品から選ばれた7作を収録したものですが、鍾馗さん、町家、鴨川など、そのテーマ群がとてもいい。多様なマンガを読んでいると、京都の町を新たな目で探索したくなってくるのがとてもいい。そして何より京都を舞台にしたマンガを公募するという心意気にしびれました。

 

ひとり飲む、京都 (新潮文庫)

ひとり飲む、京都 (新潮文庫)

 
戦争のなかの京都 (岩波ジュニア新書)

戦争のなかの京都 (岩波ジュニア新書)

  • 作者:中西 宏次
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: 新書
 
マンガ ぼくらの京都 (淡交ムック)

マンガ ぼくらの京都 (淡交ムック)

  • 発売日: 2019/09/21
  • メディア: ムック
 
くらべる京都

くらべる京都