読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

著者自身による電子書籍化

週刊文春で敬愛する永江朗さんが「充電完了。」というコラムを書いておられる。これが従来の永江さんの「本に関するコラム」と異なるのは、電子書籍に関する話題に絞っているところだ。そんな永江さんのコラムで、今回はこんな〝本〟が紹介されていた。

NHK問題 二〇一四年・増補改訂版

NHK問題 二〇一四年・増補改訂版

 

 これはAmazonKindleで読める電子書籍なのだが、これは2006年に発売された新書がもとになっていて、著者自身によってセルフパブリッシングされたというのが興味深い。

《<電子書籍は「いま・ここを根拠とするニーズに応えられるしなやかさと、したたかさを備えているのだと思う>と著者は「はじめに」で書いている》

多くの著者は、作った後の本に、無関心だと思う。でも、重版未定で事実上の絶版になっている本にも、今に通じるコンテンツはあるわけで、これを積極的に世に発信していくのは大事なこと。

僕自身も全然できていないけれど、こういったこともっとやっていくべきだし、陽の当らない本にはビジネスとして何かしらの可能性があるようにも思うのです。