おかべたかしの編集記

読書・執筆・育児の記録と、お知らせと。

多摩動物公園で「東西のモグラ」を見てきた

関東と関西の相違点は、食や文化だけではなく、生き物にも見られます。関東ではアブラゼミが多いけれど、関西ではクマゼミが多いというのはよく知られていますが、なんとモグラも違うといいます。 関西には「コウベモグラ」が多く、関東には「アズマモグラ」…

『くらべる日本 東西南北』出版記念のお雑煮パーティー

昨日、経堂「さばのゆ」で行った『くらべる日本 東西南北』の出版記念お雑煮パーティーが最高だったのでご報告です。 今回『くらべる日本 東西南北』に合わせて、ご覧の「東西南北」4種類のお雑煮が出されました。提供してくれたのは「株式会社お雑煮やさん…

『くらべる日本 東西南北』の特選比較

新刊『くらべる日本 東西南北』は、もうすぐ店頭。そこで今日は、僕がお気に入りの比較をご紹介していきます。細かい、内容は本を見てもらうとして、パッと見た感じが楽しい対比です。まず、なんか好きなソースカツ丼。福井市と会津若松市とではずいぶん違い…

「いがまんじゅう」の謎 あなたの街にも<もち米をまぶした「まんじゅう」>ありませんか?

こんなカラフルなもち米をまぶした「まんじゅう」ご存知でしょうか? こちら滋賀県蒲生郡日野町に伝わる「いがまんじゅう」。新刊『くらべる日本 東西南北』では、この「いがまんじゅう」をいろいろ紹介していますが、これは山出カメラマンの体験から始まっ…

『くらべる東西』からエリア拡大『くらべる日本 東西南北』8/1発売!

新刊『くらべる日本 東西南北』が完成したので、見所をご紹介します。 2年前に刊行した『くらべる東西』では、東と西の文化の違いをくらべたものでしたが、本作ではエリアを「東西南北」に拡大して、全国の面白い文化の違いをご紹介。カバーは、スコップで…

小学6年の息子が「こんなの泣いちゃう」と言ってくれた本

小学6年の息子が、ようやく本を読み出しました。これが地味に嬉しい。 本を作っている身としては、その良さを次世代に伝えたいのですが、自分の息子が読まないようでは話にならない。かといって押し付けても本を嫌いになるだけだろうしと、ゆるやかに彼の近…

ワールドカップ終戦

ああ。負けてしまった。日本の戦いはまたしてもベスト16の壁を越えることができなかった。 でも、本当によくやったと思う。 原口、そして乾のボールがネットを揺らしたときは、鳥肌たった。あのアンラッキーなゴールからの流れを変えられなかったのが悔しい…

「dマガジン」と「one hour」と「くらべるご飯のお供」

いろいろ媒体で取り上げていただいたので、御礼を兼ねてご紹介。 まず「dマガジン」というおしゃれなウェブマガジンで『くらべる世界』を紹介していただきました。なんだかとてもかっこいいのです。 www.digimonostation.jpこの中で「あやとり」が紹介されて…

「くらべる納豆」&「謎のアジア納豆」

さて「目でみることば」シリーズですが、次回作は「くらべる日本」と題して、日本文化のあれやこれやをくらべて参ります。夏頃、刊行予定ですので、楽しみにしていてくださいね。さて、そんな次作のネタのひとつと考えているのが「納豆」です。 関西では、ち…

「花みず木竜王戦」

パタパタとGWは終わりましたが、その序盤の4月29日、世田谷区が主催する将棋大会「花みず木竜王戦」が行われ、小6の息子が参加しました。 小学校の低学年、高学年、中学生の3部門に分かれて優勝を目指すこの大会。各組60人ほどが参加するのですが、昨今の…

4/8(日)は「くらべるポテチ酒場」@さばのゆ 経堂

今度の日曜日(8日)、経堂の「さばのゆ」さんで「くらべるポテチ酒場」をやります。 4月8日(日曜日)『目でみることば』『くらべる東西』(共に東京書籍)などの人気シリーズを世に贈り続ける、さばのゆのお客サバ、『くらべる時代』『くらべる値段』に…

アメリカ式ネクタイを探す愉しみ〜英米ネクタイの違い〜

『くらべる世界』のネタで僕がいちばん好きなのは、ネクタイのアメリカ式とイギリス式の違いです。 こっちがアメリカ式。 そしてこっちがイギリス式。違い、わかりました? 色じゃないですよ。 そう、ストライプの向きなのです。斜めストライプのネクタイの…

高知に惚れてしまう旅「第四回全国漫画家大会議 inまんが王国・土佐」

まんが王国・高知の大イベント「第四回全国漫画家大会議 inまんが王国・土佐」。こちらに出席されるみなもと太郎先生のトークショーの聞き手役を拝命して、一泊二日で高知に行ってまいりました。実に楽しかったので旅レポをお届けします。 メイン会場となっ…

みなもと太郎スペシャルトークショー 「風雲児たちが語る!幕末の魅力」

明日、こちらのイベントで聞き役を拝命しましたので、高知県に行きます。 みなもと太郎スペシャルトークショー 「風雲児たちが語る!幕末の魅力」 | 横山隆一記念まんが館 予約不要、入場無料のようなので、高知県にお住まいの方などぜひ^^ 久しぶりの高知。…

『くらべる世界』発売記念 また食べたい世界の食べ物ベスト5

世界の様々な文化を比較した『くらべる世界』本日発売!よろしくお願いします。 今日は発売を記念して本書で取材した「また食べたい世界の食べ物ベスト5」を発表します。(写真撮影はすべて山出高士) ジャジャーン! まず5位は、カナダのフライドポテト「…

『蘇るサバ缶』〜経堂と石巻をつなぐ希望の話〜

まもなく7回目の「3・11」。この『蘇るサバ缶』という本で紹介されているのは、あの日を境に缶詰を通して強く結びついた世田谷区経堂と宮城県の石巻の物語です。 舞台は経堂にあるイベント酒場「さばのゆ」。著者はこの店の店主である須田泰成さん。須田…

マーマイトとベジマイト、どっちが美味しい?

『くらべる世界』のネタで取り上げているのが、イギリスのマーマイトと、オーストラリアのベジマイトです。どの国にも、その国民は大好きだけど、他国の人にとってみると「うーん?」となる食べ物ってありますよね。日本でいえば梅干しや納豆でしょうが、そ…

もうすぐ発売『くらべる世界』

好評いただいてます東京書籍の『目でみることば』シリーズ。2月27日についにシリーズ第十弾となる『くらべる世界』が発売となります。 カバーはこちら。お城とかショートケーキとか、いろいろ見栄え良きネタがあるなか選ばれたのが「フランスのジャンケン」…

「長寿県」1位と最下位の差は3歳ほど

文春の2/1号に《「長寿県」に学べ 決定版》という記事が興味深かったのでご紹介。 記事の導入は2017年の12月に厚労省が都道府県別平均寿命を公表したというもの。 これは5年ごとに全国調査されているもので、今回、男性の長寿1位が5回連続長野県に代り滋…

適サシ肉と向笠千恵子さん

2月1日に浅草の老舗すき焼き店「ちんや」さんで開催された「適サシ肉宣言一周年記念 この辺りでもう一度肉のことを考えてみる会」に参加してきました。 過剰な霜降り肉が尊ばれる傾向にあるなか、「ちんや」さんで「適度にサシの入った肉を提供します」と…

『東海道新幹線の車窓は、こんなに面白い!』が面白すぎ

京都に実家がある関係で、東海道新幹線に乗って東京と京都の間をたびたび行き来します。僕は、新幹線に乗っているのが好きだからあまり寝ずに、本を読んで、ビール少し飲んで、窓の外を眺めるのが好き。子供と一緒に乗るようになってからは、「面白いもの見…

<我々が人々を叱責するのは優越感にひたるため>『悩める君に贈るガツンとくる言葉』

敬愛する石原壮一郎さんのこの本に、記しておきたい言葉がありましたのでご紹介。 悩める君に贈るガツンとくる言葉 (大人養成講座) 作者: 石原壮一郎 出版社/メーカー: バジリコ 発売日: 2017/12/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る いろんな方…

あけましておめでとうございます&新春時代劇『風雲児たち』

あけましておめでとうございます。さて、新年早々ですが、今日放送だった新春時代劇『風雲児たち 蘭学革命篇』が素晴らしかったのでメモっておきますが、みなもと太郎先生の『風雲児たち』を、三谷幸喜さんが脚本を担当した今日のドラマ。大傑作だったのでは…

今年の振り返り&来年の抱負

今年最後のエントリーなので、ちょっと振り返りを。 今年も本が2冊出せました。 くらべる時代 昭和と平成 作者: おかべたかし,山出高士 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 2017/03/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る…

1月1日は正月時代劇『風雲児たち』

明日、1月1日のNHK総合午後7時20分から正月時代劇『風雲児たち』の放送があります。みなもと太郎原作の大河ギャグ漫画『風雲児たち』を三谷幸喜さんが脚本で初のドラマ化。面白くないわけないのであります! これは『解体新書』が完成したときの名場面。…

北村薫さんが『くらべる値段』を選んでくださいました

そういえば嬉しい報告がありました。今、店頭に並んでいる『本の雑誌』が「2017年度ベスト10」特集なのですが「私のベスト3」コーナーにて直木賞作家の北村薫さんが『くらべる値段』を3位に選んでくださいました。 《本でなければ出来ないことをやっている…

『残像に口紅を』を『似ている英語』で紹介していたコラム

昨日、書店に立ち寄ったら「話題の本のコーナー」に筒井康隆さんの『残像に口紅を』を見つけました。大きく平積みされていたのですが、「アメトーク」で話題になったようですね。実はこの本、2015年の6月に出した『似ている英語』という本のなかの『「コー…

「生七味」と「当たり前田のクラッカー」

昨日、経堂「さばのゆ」で行われた「くらべる忘年会」ご参加くださったみなさんありがとうございました! 「やまや」さんが、提供くださった上等の明太子や、経堂の名居酒屋「らかん茶屋」のマスターが持参くださった「上等のマグロ&イカ」の刺身など、美味…

「くらべる忘年会」

高いものと安いものって何が違うんだろ? そんな素朴な疑問から始まったのが『くらべる値段』でした。 くらべる値段 作者: おかべたかし,山出高士 出版社/メーカー: 東京書籍 発売日: 2017/08/08 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 高い椎…

FC東京に3つの提言

2017年のFC東京も昨日のガンバ大阪戦で終了。 試合後は、引退する石川直宏のセレモニーと、長崎に移籍する徳永悠平の挨拶もありました。僕は2005年からSOCIOなんですが、これで僕が東京を応援するようになったときからいる選手は梶山だけかな。寂しいけれど…